部位で選ぶ
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

色彩ダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:7/7/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

色彩ダイエット

すべてのダイエット法はどれも効果的
 食事療法、サプリメント、ヨーガ、ウォーキング、一日一快食、低インシュリンダイエットなど、どのダイエット方法も効果的であることは間違いのない事実。ですが、それでもやせられないのは、なんといっても意思の弱さ、そして継続できないことですね。「継続は力なり」と昔から言われていますが、逆に継続ほど難しいものはありません。

 いっておきますが、強い意志の力を持たずにやせる方法はほとんどありません。もちろん、ラクしてやせる方法はあります。カラダの健康状態を狂わせるクスリをのめば、意思の力を使わずともやせていくことができます。甲状腺ホルモン系、覚醒剤系の薬剤がそうです。ですが、強力なダイエット薬剤ほど、カラダに対する副作用が強く、絶対にオススメできません。

 やはり、ダイエットにもっとも重要なのは意思の力だということがわかります。

色彩心理学と食
 色彩をダイエットに取り入れるという考え方は以前から存在していました。食べ物は器の色や形ひとつで味が変わることもみなさんご存知でしょう。どんな高級料理でもプラスチックの器に盛れば、その味はだいなしになり、逆に味気ない精進料理でも、立派な器に盛れば、食欲が増すわけです。また、緑の野菜には赤い色の野菜を適度にちりばめたり、デコレーションケーキやデザートのように、色の芸術と呼ぶに値するほど美しく飾ったりして、私たちは食を楽しみます。それほど、食と色彩には密接な関係があるのです。

 ならばダイエットで色彩を学ぶことも非常に重要であるということがわかってもらえると思います。

 さて、ここで疑問が生まれます。色彩を使って、食欲を増進させるのか? それとも食欲を減退させるのか? どちらがダイエットに効果的か? 増進? それとも減退? 答えは……!? まあ、そんなに急がないでください。

あなたの会社の昼食はおいしい?
 あなたの職場の昼食メニューはおいしいですか? 会社勤めの方なら誰でも思うことですが、昼食は朝食抜きのサラリーマンにとって、ストレスの多い職場に於ける唯一といっていいほどの至福の時でしょう。午前11時くらいになると、午前中の集中力も切れ、仕事の能率が下がってきます。そんなとき「あと1時間で昼飯だ!」と思うと、がんばれるものです。そう、人間は区切りを作り、目標を作ってあげると、やる気が出て集中力が復活するという特性を持っているのです。

 ですが、もしその楽しみの昼食のメニューにろくなものがなく、半分腐りかかった魚の煮付けとか、プラスチックの容器に傷んだ生野菜といったものしかなかったとしたら、あなたは午前の仕事をがんばれるでしょうか? 11時になっておなかがすき、集中力が切れかかっているときに、食欲がそそらない昼食メニューしかない職場で、がんばれますか? そして、昼食後、午後の仕事に力を注げますか? NO! NO! NO! それは無理というものです。たとえおなかがすいていたとしても、食欲が減退するようなメニューであれば、午前も午後も仕事へのやる気や集中力は極端に低下してしまいます。

 優秀な経営者は、その辺の社員の心理も研究していますので、決して食をおろそかにしません。少々お金がかかっても、優秀な食作りの業者を雇い、昼食メニューを豪華にし、食堂を美しい色彩で飾り、そして社員を食で満足させるという方法をとります。したがって、食堂の食事がうまいかどうかで、その会社の将来はある程度占えるのです。まずい食事を提供していても平気でいられる経営者がいるような会社は、将来的には倒産します。

 なにせ、会社にとって一番の資本は社員のやる気ですから。その資本を食が作っているのですからね。もともと、私たちは衣食住を得るために仕事をしているのであって、そのうちの重要な食を粗末にするような経営者に未来はないのです。

満足のいける食事
 満足のいける食事はストレスを解消してくれるだけでなく、行動を起こすための意欲をも湧き起こしてくれます。つまり、食で満足することはやる気を作るうえでとても大切であることはいうまでもありません。

 さて、ここにさきほどの質問の答えがあります。ダイエットをするためには食欲を増進させるべきか、減退させるべきか? という問題でした。その答えは「増進」です。食欲を増進させ、ストレスを解消し、やる気を引き出すことが重要なのです。何度も何度も何度も口がすっぱくなるほど言いますが、ダイエットに必要なのはモチベーション(やる気)です。そのやる気をつけるためには、食を粗末にしてはいけません。快食しなければ、しっかりしたダイエット継続の意欲が芽生えるはずなどないのです。そういう意味で、私は一日一快食ダイエットはとてもDOKI DOKI ダイエットの理念に近いダイエット方法だと思っています。

 ここではそのようなやる気を起こさせる色彩心理について掘り下げていきましょう。

色彩は心に対する影響力が強い
 私たち人間は、知覚の中で視覚がもっとも発達している生き物です。「百聞は一見に如かず」という名文句があるように、聞く情報よりも見る情報のほうが私たちの考えや行動に与える影響力が強いのです。つまり、色彩は私たちの知覚の中で、かなり強力な「やる気」の源になっています。だからこそ、色彩を軽視してはいけないのです。

 信号の赤はなぜ「止まれ」なのか? 消防車はなぜ赤いのか? 共産党はなぜ赤なのか? 安全地帯はなぜ黄色なのか? 非常口の案内はなぜ緑なのか? ──これらにはすべて理由があるのです。それどころか、花の色、木の実の色、熱帯魚の色などなど、生物が身につけている色にはすべて理由があります。そうした謎を解いていくと、色彩心理の原点が見えてきます。そして、その色彩心理を使って私たちのダイエット意欲をアップさせていく方向に利用していきたいと思っています。

色彩心理のやりすぎは信頼性を落とす
 色彩を勉強する前に、ここでひとつだけ注意があります。私たちは色で心が動かされることをもちろん知っているわけですが、だからといって「赤を身につけている人を疑え」とか、「黒を着ている人はプライドが高い」などと、色と性格を短絡的に結びつけたり、またはどの色を選んだからこの人はこういう心理であるなどという偏見を持ってはいけないということです。

 たとえば、黄色い服を着ていると目立ちます。なぜならば黄色は視認性の優れた色で、注意をひくための色だからです。逆に冷静さを象徴する紺色は目立ちにくい色です。ところが、黄色を身につけた不美人と、紺を身につけた美しい美人とでは、どちらが目立つかというと、やはり紺の美しい女性なのです。色彩がその人の人生を決めたり運を左右するほどの強い影響力を持っているわけではありません。それにもかかわらず、色彩心理学者の多くは、まるで世の中は「色がすべてだ」といわんがばかりにおおげさなことを主張するので、かえって色彩理論の信頼性を落としているわけです。

 確かに、「赤は興奮」、「ブルーは落ち着き」という心理効果はあるものの、もし、あなたが床から天井まで一面ブルーの部屋に閉じ込められたとしたら、落ち着いていられますか? 人間は違和感(不自然さ)を覚えると落ち着けないように作られています。自然界にはブルー1色の部屋などは存在せず、ブルーがいくら落ち着きを表す色だといっても、そうした不自然で人工的なものの中では落ち着けるはずがありません。賢明な読者のみなさまはそういうことも少し考えながら、色彩をダイエット意欲に転換させる方法を身につけていってもらえると幸いです。次回から色彩と意欲についての確信に迫ります。

 
部位で選ぶ推薦情報
ダイエット方法
部位で選ぶ人気情報
    部位で選ぶ新着情報
    部位で選ぶ
    ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss