脂肪 吸引
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

ランニングで有効に脂肪を消耗して方法

出 所:diettonya.com     更新日:6/10/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

脂肪のかぎの一つを消耗してできるだけあなたに近づく酸素の限界がない(酸素の閾がない)の運動の強度で駆け足をする しかし正しい姿勢はあなたに定額外のエネルギ-を浪費するとこの強度に達することができる必要がないことを使うことができます。

前に向かって姿勢のいちばん重要なひとつの環節が駆け足をします。 疲れなるあと動作の変形に前に向かっての動力に保証することができる,アジア西がかくして博士へ提案して力およびストレッチングに練習するか。 駆け足をする者のへ伸ばして引いて練習しで,「動力へ伸ばして引く」べき,わけではない一般的に静かできるだけ伸ばして引く,駆け足をする自身は動力性質のからか。 この文章紹介の何種類のストレッチングの動作は練習準備してあるいは終りを練習した後することができます。

1、 頭と肩

動作のようりょうが駆け足をします --頭と肩の安定を保ちます。 頭は要るてちゃんと前の方で,道路でこぼこほかない,ないでください前見舞いする,二戸は注視する前の方です。 ショルダ-は適当的にゆるがせにして,胸を含有することを避けます。

動力は伸ばして引きます --肩をいからします。 肩はゆるがせにして垂れて,それからできるだけ受けて聳えて,ちょっと滯在して,原状に復したあと反復します。

2、腕と手

  ランニングの動作の要領——腕を並べてのの前後で動作を肩を軸にしますはずて、左右の動作の幅は体のまっすぐなセンター?ラインを上回りません。指、手首と腕はリラックスののはずで、ひじの関節の角度およそ90度。

  動力は伸ばして引き延ばします——ひじを上げて腕を並べます。両腕の1の前で1の後で成はスタート姿勢を用意して、後腕のひじの関節を並べてできるだけ高く持ち上げて、それからリラックスする前に振り子。動作に従って加速する時上げれば上げるほど高くなります。

3、胴と寛骨

  ランニングの動作の要領——首から腹に倒れて直立を維持して、前に傾いて(速めますかます坂を上らない限り)後あるいはあお向けて、呼吸は、平衡と歩の枚を維持することにこのように利益があります。胴が揺れてあるいは上から下まで起伏することを左右しないでくださいあまりに大きいです。足の前で並べる時積極的に寛骨を送って、ランニングの時寛骨の部の回すこととリラックスに注意します。

  動力は伸ばして引き延ばします——弓の歩は足をおさえます。2足は全部で開設して、肩の同寛と、体センターがゆっくりとおりるのがおさえます筋肉まで(へ)緊迫(緊張)して、それから還元をリラックスします。胴はずっと直立を維持します。

4、腰

  ランニングの動作の要領——腰部は自然と直立することを維持して、あまりにもまっすぐに伸ばすべきでありません。筋肉は少し緊迫(緊張)して、胴の姿勢を維持して、同時に足の地面につく衝撃を緩衝することに注意します。

  動力は伸ばして引き延ばします——体の前で伸び縮みします。自然と立って、2足は開設して、肩の同寛と。胴の緩慢な前屈は双方まで(へ)つま先まで(へ)垂れ下がって、しばらく(して)維持して、それから元に戻します。

5、太ももとひざ

  ランニングの動作の要領——太ももとひざが力を入れる前に並べて、上げますのではありません。足のいかなる側は動作にすべて余分で、その上膝関節を引き起こしやすくて傷を受けて、そのため太もものが前並べるのがまっすぐになります。

  動力の(引き)伸ばし——前弓の身.2足の駅間の距離と寛骨の幅.両手が匹に置いた後.寛骨の関節屈の体から前に向かいます.腰が辺鄙でまっすぐに伸ばすことを維持して、株の2匹の筋肉まで緊迫(緊張)していることと感じます。
 
6、すねとと腱

  ランニングの動作の要領——足は体の前で約1尺の位置に降りるべきで、まっすぐなセンター?ラインが間近です。すねはまたがるのがあまりに遠いべきでなくて、腱と力を受けて大きすぎますのため傷めることを免れます。同時にすねの筋肉と腱の地面につく時の緩衝に注意してと、地面につく時のすね積極的に後ろへすがりついて、体を積極的に前に向かわせます。その他に、すねの前で方向を並べるのはまっすぐになって、足できるだけする朝前、要らないこと外で後がひっくり返ってあるいはひっくり返って、さもなくば膝関節とくるぶしの関節は傷を受けやすいです。砂浜の上で走ることができる時参考を行います足跡を検査します。

  動力は伸ばして引き延ばします——壁を支えてかかとを持ちます。壁の約1メートルぐらいに向かって立って、両腕の前で肩の同寛を伸ばしてと、手は壁を支えます。かかとを持って、更に下に置いて、とすねの腱を感じるのはと緊迫(緊張)しています。
 
7、かかとと足の指

  ランニングの動作の要領——もし歩の枚は大きすぎるならば、すねの前で伸ばしたことがあるのは遠くて、かかとで地面につくことができ(ありえ)て、発生はブレーキの反作用力を制動して、骨と関節に対して傷つけるのはとても大きいです。正しい地面につく時は足の中部で地面について、そして衝撃力に迅速に全脚掌まで(へ)分散させます。

  動力は伸ばして引き延ばします——式に座ってくるぶしを伸ばします.地の上でひざまずいて、臀部はかかとが間近で、上半身は直立を維持します.ゆっくりと下を向いてくるぶしの関節の圧力に足の指まで筋肉と足を伸ばす前に手は引っ張り強さに足りることと感じます.それから尻の後で繰り返しを上げます.動作はリズムがあって、緩慢です。
 
脂肪 吸引推薦情報
醫学ダイエット
脂肪 吸引人気情報
脂肪 吸引新着情報
脂肪 吸引
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss