恋愛ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

HGH ダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:7/7/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

HGH ダイエット

「HGH」ってなんだろう?
 今回は冒頭からいきなり聞きなれないアルファベットが出てきましたが、「HGH」とは「ヒューマン?グロス?ホルモン」の略で、要するに成長ホルモンを用いたダイエット法がHGHダイエットです。

 成長ホルモンは幼少の頃から青年期頃まで盛んに分泌されるホルモンで、このおかげで身長が伸びるなどの成長をしていきます。これは脳下垂体という部分から分泌されます。青年期が終わるとこのHGHの分泌量も低下し、それ以上成長しにくくなるのです。ただし、体重だけは成長しますけどね。

 アメリカでは若返りを促すホルモンとして何百万円もかけてHGHの注射をしたりする人もいます。HGHの効果としては次のようなものがあります。

 *歳をとると出てくるほとんどの症状を逆行(若返り)させる
 *余分なぜい肉を燃焼し、筋肉や骨格が増強される
 *皮下脂肪(セルライト)が除去される
 *みずみずしい皮膚に変わり、シワが少なくなる
 *免疫力?視力が回復する
 *記憶力や睡眠の質が向上する
 *増毛効果がある
 *体型が青年期に戻る

 どうです! この効能?効果!! 驚きです。「そんなのいかさまじゃないの?」と思っている方もいると思いますが、実際にHGHにはこのような脅威の力があることは確かです。もちろん、ダイエットに効果があるのはいうまでもありません。なにせ、肉体を若返らせるために脂肪や糖分を消費してくれるわけですから。余分なぜい肉が美しい体を再構築させるために利用されるなんて、まさに廃品回収品から新製品ができるような感覚です。


HGHはこうして増やす

 では何をどうすればHGHをたくさん分泌させることができるでしょうか? 今の流行りはサプリメントということになるでしょう。とはいえ、それはHGHそれ自体のサプリではありません。HGHの分泌を促す「アミノ酸」のことです。というのも、あるアミノ酸を過剰に取り入れるとHGHの血中濃度がアップするらしいのです。最新のデータでは、「L−アルギニン」を摂取した場合は通常の3倍、「L−グルタミン」を摂取した場合は約4倍、「グリシン」を摂取した場合で約3倍のHGHの増加するといわれています。

 私は1年中外食をしていますが、これはつまり化学調味料漬けにされているということです。おかげで、恐らくグルタミン酸をたくさんとっていると思われますので、HGHが年齢に比べて多く分泌されているのかもしれません。あつかましいかもしれませんが、それで私は20代に見られることが多いのでしょうか?

HGHを増やす秘訣は「無酸素運動
 HGH(グロスホルモン)は脂肪や糖を利用してそれを若返りのエネルギーに変えてくれる、ダイエットやプロポーション維持にとても素晴らしい効果のあるホルモンですが、なかなかそう簡単に分泌させることができるものではありません。確かに、アミノ酸のサプリなら3倍くらいの分泌量にすることができるかもしれませんが、本気で美しくなりたいのなら、そのくらいでは足りないという意見もあるでしょう。

 そういうあなた! 実はHGHを何十倍にも増やす方法があったのです。それが無酸素運動です。

 みなさんは「有酸素運動」という言葉はよく聞くと思います。酸素を使ってブドウ糖を燃焼させる、ダイエット(カロリー消費)の基本運動ですね。ところが「無酸素運動」というのがどういうものかを知っている人は少ないと思います。なぜなら、酸素のないところで人は生きていくことができないからです。どこに行っても、どんな運動をしても有酸素運動になります。

 ところが、酸素が欠乏する状態というのが実際にはよくあるのです。たとえば正座をしていると、足に行く血管が圧迫され、下肢への血流が悪くなります。下肢の細胞は酸素を燃やして生きていますから、血流が途絶えると、その酸素が行き届かなくなって酸欠状態に陥ります。

 しかし、酸欠状態であっても細胞はエネルギーを作り出すことができます。特に筋肉組織では酸欠でも多大なエネルギーを作り出すことが可能で、ただしそのときに「乳酸」という老廃物を作り出してしまいます。

 いわば乳酸は“酸素の借用書”のようなもので、これがたまっていくことが、無酸素運動の証明ということになります。つまり、酸素が欠乏している状態でエネルギーを作り出す運動が無酸素運動です。

 さて、どうすれば無酸素運動ができるか? ということですが、この運動をしたいのなら、体力的に少し無理気味な運動をすればいいのです。たとえば、腕立て伏せをしていて、もう、筋肉が疲れて無理だ! と思ってからさらに無理して10回腕立てをするといった具合にです。

 無理して行った運動は、すでに酸素不足状態ですから、そこから行う運動は無酸素運動になり、乳酸がたまっていきます。この乳酸の蓄積を私たちは筋肉疲労と呼んでいるのです。

 無酸素運動では酸素ばかりか、エネルギーのブドウ糖も不足している状態です。これを細胞飢餓状態というのですが、なんと細胞飢餓状態がHGHの分泌を促す効果があることが最近わかってきたのです。

 HGHは人を若返らせることができる「アンチエイジング」のカギですが、そのカギが無酸素運動だということがある程度理解できたと思います。
心拍数160以上のトレーニング
 無酸素運動が若返りのカギで、ダイエットのカギでもあることがわかっても、この運動を継続することは簡単ではありません。酸素不足状態での運動は、人間に大きな負担や痛み、苦しみを与えるからです。

 ちなみに以前、脈拍数とダイエットの関係を述べましたが、無酸素運動をするための脈拍数の目安は(220−年齢)×0.8となります。たとえば30歳の人なら152が目安で、それよりも少し高い心拍数(160くらい)になるように運動をすると無酸素運動になります。この運動は想像以上に苦しく、10分も継続すれば全身疲労、筋肉痛が起こるレベルです。スポーツ選手ではこのような無酸素運動を取り入れることにより、HGHが上昇し、筋力がアップすることが証明されていますが、一般の方がダイエット目的で使えるほどたやすいものではありません。

 また、心拍数が160以下でも、筋トレで無酸素運動が可能です。それは限界を感じてからさらにもう少しがんばるというやり方です。ですから、効率よくダイエットしたいのであれば、そういうやり方もあるでしょう。
新しい加圧トレーニング法
 ところが、どちらにしても無酸素運動をするためにはかなりの運動量と精神力が必要です。私たちが日常、そこまでストイックになってダイエットすることは難しいといえます。そこで、最近ボディビルダーたちの間で流行している「加圧法」と呼ばれる筋トレ法を紹介しましょう。加圧法は手足の付け根をゴムバンドで締めつけ、血液が流れない(流れにくい)状態を作りながらエクササイズする筋トレ法です。

 血が流れない(流れにくい)のですから無酸素運動となります。私もためしにバンドで腕を縛り、エクササイズしてみましたが、ものの3分でギブアップしたくなるほど、手足がだるくなってしまいました。まさに簡単に無酸素運動ができてしまうわけです。これを週に2〜3回、1回15分程度するだけでHGHが驚くほど上昇することが実証されているようです。

 これなら、短時間で大きな効果が得られ、ダイエットや若返り、筋トレにもよさそうです。ただし、バンドで締めつけると、その部分の皮膚が傷ついたり、うっ血して斑点が出てしまったり、また、やりすぎると神経炎などを起こしたりして専門家のアドバイスなしで勝手にできる代物ではなさそうです。

 ただ、今後の新しいダイエット?若返り法として、この加圧トレーニングはありだなあと思うのです。このように時代とともにダイエット法も多種多様に変わってきています。なかでもHGHを刺激するダイエット法は今、注目を集めているようです。
 

前: やきもちダイエット   次: ありません
 
恋愛ダイエット推薦情報
生活 その他
恋愛ダイエット人気情報
恋愛ダイエット新着情報
恋愛ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss