成功ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

ダイエット心得

出 所:diettonya.com     更新日:7/16/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

ダイエットを始める前に

ダイエットを決意したは良いけれど、無計画に始めてみても、長続きしなかったりうまくいかなかったりして失敗した経験がある方も多いはず。
せっかく頑張るのだったら、きちんと成果が残るようにダイエットプランを立ててみてはいかがでしょう?
まずは自分の身体の現状を把握して、どんなダイエット法が適しているのか考えてみましょう。

まずは自分の身体の現状を把握する
 
ダイエット成功の第一歩は何よりも自分の体の事をきちんと理解する事です。
自分では足が太いと思っていても、全体のバランスから見るとちょうど良かったりしますし、医学的にはちょっと太ってる方が健康的で良いとされます。
また、短期間に体重が減ったとしても、体調を壊したりストレスが溜まったら意味が無いですよね。ダイエットの本当の目的は、キレイに健康的に痩せる事です。
体重ばかり気にするのではなく、自分の体格指数や、体脂肪率をしっかり把握して下さい。
体重が何kg減ったかよりも、問題なのは脂肪の量です。筋肉と脂肪では重さが異なり、筋肉の方が重たいために体重にこだわってはいけないんですね。目的は皮下脂肪を落とす事、そのためには体脂肪率を把握しておきましょう。

 

体脂肪率 
 
最低必要な量 適正な体脂肪率 肥満体 
10%〜15% 20%〜25% 30%以上
医学的な数字では、体脂肪率が10%以下になると健康的に良くなく、生理が止まったりすることも。最低でも10%位は維持しましょう。
女性の平均が20%〜25%です。
30%を越えると赤信号!健康的に良くありません。明日からでもダイエットを始めてみましょう。

   
      自分のボディサイズを正確に知る事は、ダイエットをする上で重要な事です。
どの部分が太っていて、どこを引き締めなくてはいけないのかという目標を明確にすることができます。体重が落ちた時に各サイズの変化を見れば、自分がどこから痩せていくのかを知る目安にもなります。特に体脂肪率が分からない人は、ボディサイズをチェックしてみましょう。

自分の体型や体脂肪率なんかを知らずに無茶をして、筋肉や体の活性組織が減ってしまうと、痩せにくくなったり体調を崩したりと後々自分が苦労する結果に。自分の体型をしっかり把握して、健康的なダイエットを心がけましょう。

自分に合ったダイエット方法を選ぶ
 

自分の太っている傾向が分かれば自分に合ったダイエット方法が見えてきます。体質によっても手段や方法は変わってきます。
体質によっても手段や方法は変わってきます。日ごろの習慣や代謝の違いによって、始める運動の量や強さも変わってきます。一人一人にそれぞれ違った方法があるんです。
自分の体質を把握しなければ、ダイエットを始めても思うように体重が減らず挫折してしまう原因になってしまう事に…
だから、ダイエットを始める前に、自分の体質にあったダイエットを探すのがダイエットを成功させる第一歩です。
食事制限だけのダイエットでは、体重は落ちても体脂肪率が上がることも…
運動の目的は、代謝を上げて脂肪の燃焼をしやすくすることです。 つまり体を作る事。ベースが無ければ、ダイエットは無理。
筋肉は最もカロリ−を代謝するところ、減らすのは簡単だけど増やすとなると大変です。無茶をすると健康を害する恐れもあるので、正しい知識を習得してこそ楽なダイエットが実現できると言えます。
食事とともに運動で筋肉を落とさぬようにする事がダイエットへの近道なんですね。
 

目標を立て、ダイエットプランを練る

ダイエットを始めるに当たって、まずは下記のポイントに沿って具体的にプランを立ててみましょう。
体重ばかり気にするのではなく、自分の体格指数や、体脂肪率をしっかり把握して下さい。
体重が何kg減ったかよりも、問題なのは脂肪の量です。筋肉と脂肪では重さが異なり、筋肉の方が重たいために体重にこだわってはいけないんですね。目的は皮下脂肪を落とす事、そのためには体脂肪率を把握しておきましょう。 
 摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとる
ダイエットとは、単純に言えば摂取カロリーと消費カロリーの引き算です。消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多ければ、当然体内に脂肪として貯蓄されます。
まずは、1日の食事と運動量を日記につけてみましょう。可能であればその食事のカロリー計算をしてみると完璧です。
 脂肪の付きにくい身体にする
不規則な食事などにより、身体を飢餓状態にすると身体は脂肪貯めることにより、飢餓状態に備えようとし始めます。脂肪の付きにくい身体にするためには、規則正しい食事が必要です。 
 

 脂肪の燃えやすい身体にする

脂肪を燃やすためには、十分な栄養バランスと水分の補給が必要です。また運動で脂肪を燃焼するためには、20分以上のウォーキングやゆっくりとしたペースでのスイミングといった有酸素運動がポイント。運動の前後にストレッチを取り入れるとより効果的に。怪我の予防にもなります。
逆に急激な運動や瞬発的な運動は、血中の栄養分を燃やすことが中心となり、体脂肪は燃えません。
プランを立てたら、目標に向かって実行するのみ!
最低でも3カ月は続けないと効果は望めません。停滞期は「体が痩せる準備をしている間なんだ」と思って、諦めずに続けることが大切です。  
 
 

 
成功ダイエット推薦情報
ダイエット常識
成功ダイエット人気情報
成功ダイエット新着情報
成功ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss