気楽にダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

あなたにぴったりダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:8/18/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

●成功へのキーワードは「現実的・柔軟・気楽・プラス思考」

 ダイエットにいちばん不向きな性格は、ずばり「完ぺき主義者」。
目標到達までの計画を綿密に立て、確実に実行していかないと気がすまない、そんなまじめで潔癖な人が、じつはもっとも失敗しやすいのです。

 なぜなら、相手は計画どおりにはいかない「自分の体」。ダイエットが計画どおりに進まないと、とたんにいやになって挫折してしまうのも、完ぺき主義者に多い傾向です。何度も挫折を味わっている人は、計画そのものに無理がないか見直す必要がありそうです。目標が高く、きつすぎるメニューを自分に課そうとしていませんか?たとえば、それまで外食ばかりだった人が、いきなりすべての食事を自炊に切り替えようとしても無理な話です。なるべく現実的なプランを立てておき、状況に応じて柔軟な対処をするほうが、うんと続けやすくなります。
 以下、ダイエットプランを立てる際の心得をあげておきます。

「食事日記」を利用して現実的なプランを立てる

まずは食事日記で自分の生活習慣を振り返り、ダイエットにマイナスの習慣を減らしていくこと。その際に、チョコは週に1個まで〜、間食の回数を減らす〜など、自分の胸に聞いて実行可能なことから目標を立てましょう。いちどに全部を改めようとしても無理ですから、まずは現実的にスタートを。


ダイエットでは「絶対〜」とか「必ず〜」といった言葉は禁句
絶対厳守!必ず実行!など、意気込みはよくても、あまりストイックに自分を追い込みすぎると、ストレスがたまって自滅してしまいます。もし守れない日があっても、「明日からまたがんばろう」くらいに考え、気楽にかまえるのがいちばん。反省は必要ですが、いちいち後悔していたら長期戦はたたかえません。


2、3週ごとに計画を見直して前向きに調整を
成果が表れずにイライラしたり、逆にうまく運んで安心しすぎたり。途中経過の判断は意外にむずかしいもの。いずれにしろ、プラス思考で「続ければうまくいく」と前向きに考えるのがポイントです。経過によっては、最初の計画にあまり固執せず、微調整していくことが長続きの秘訣です。
 「計画は現実的に、実行は柔軟に。気楽にかまえてプラス思考」・・・・ダイエット継続のカギを握るキーワード、ぜひ覚えておいてください。これなら、ダイエット中でも明るい気分で過ごせそうでしょ? 

●あなたは大丈夫?ダイエットに失敗しやすいこんな性格

 最近、アメリカの海軍では、肥満を理由に解雇されたのは不当だと訴えた兵士がいました。アメリカでは、太っていると自己管理能力に劣ると見られて出世できないというのは、けっこうよく知られている話です。そこまで大げさでなくても、ダイエットに失敗しやすい性格というのは考えられます。過去に挫折やリバウンドを繰り返してきた人は、また同じ過ちをしないよう要チェックです。

何事も受身で、周囲に流されやすい

このタイプの人は、情報や口コミに踊らされて、流行のダイエット法ばかり気にしたり、自分の本来の目的を見失ってしまう傾向があります。周囲に流されやすい人は、「自分のためにやせるのだ」どいうことを忘れずに。
 過去に気負うことはありませんが、ダイエットには少なくとも「いままでの生活習慣を変えるのだ」という心がまえが必要です。くじけそうな自分が心配なら、ダイエットの目標を紙に書いて、部屋の目につくところに貼っておきましょう。心が揺れたときの抑止力になってくれるはずです。


いったん夢中になっても、すぐ飽きてしまう

 好奇心旺盛な反面、あきっぽい性格の人は、ダイエットに飽きないための工夫が必要です。ダイエットのことばかり考えないように、他に夢中になれる趣味を見つけたり、一緒に励ましあえるダイエット仲間を作るのもよい方法です。「私は飽きっぽいから・・・」と、自分を甘やかしてしまうのではなく、飽きっぽい性格でも続けられる方法を前向きに考えたほうが、せっかくのダイエットの決心も無駄にせずにすみます。


いやなことはなるべく避けて通る

 「今日はたくさんたべちゃったから」「今日は気分が乗らないから」と、いつまでたってもダイエット計画をスタートさせないのでは、やせるわけがありません。やりたくないことはずるずると後回しにしてしまう、そんな人は、最初はなるべくハードルの低い目標を立てて、何はともあれ始めてしまいましょう。周囲に「ダイエットを始めたの」と宣言するのも一案です。体重が少しずつ減り始めたら、ダイエットが「いやなこと」ではなくなるに違いありません。
 自分の性格は、意外と自分で気が付かない点も多いもの。でもちゃんと自覚しておけば大丈夫、やせられない人なんて、どこにもいないのですから。
 過大評価は禁物、運動の消費カロリーは意外と少ない

 「今日はたくさん歩いてヘトヘト。だからすこしくらい多めに食べてもOK」
こんなふうに思うこと、ダイエット中にはよくありますね。でも、運動の「たくさん」と、食べるほうの「少しくらい」は、具体的に何カロリーくらいなのか見当がついていますか?その部分が分かっていないなら安易に考えるのは禁物です、なぜなら「運動のカロリーは過大評価、食べ物のカロリーは過小評価」しがちだから。

 具体例をあげてみましょう。30分歩いたのなら,消費カロリーは約80kcal。早足のウォーキングなら約140kcalです。また20分ジョギングすれば息もあがるし汗も吹き出て、さぞや多くのカロリーを使ったように感じますが、実際にはたったの150kcalしか消費しません。

 それに対して、おやつ感覚で食べられる菓子パンはたった1個で300〜400kcalにも。缶コーヒー1本でも80kcalだし、喫茶店でクリームソーダでも頼めば180kcalにもなります。

 さらに、自宅へ帰って冷蔵庫から350mlの缶ビールを取り出しグイっとやったらこれで140kcal、せっかくの運動もちゃらどころか、あっというまのカロリーオーバーになってしまいます。
 「これくらい大丈夫!」と手を伸ばしてしまえば、ささやかな満足感と引きかえに、30分の運動なんて軽く吹っ飛ぶほどのカロリーを体内に貯めてしまうことになるのです。

 「運動で消費できるカロリーは意外と少ない」ということは、しっかり覚えておいたほうがよさそう。「これだけ頑張って運動したのだから、いつもよりたくさんたべて大丈夫!」という理屈は、毎日きびしい練習を積んでいるスポーツ選手や、ハードな肉体労働者に従事しているような人でないかぎり通用しないと考えておきましょう。

 でも、だからといって「少しくらい運動をしたって意味ないじゃん」と考えるのは早とちり。すこしずつでも日々体を動かすことが習慣になれば、筋肉がついて基礎代謝量(じっとしていても消費されるカロリー)が高まって太りになるからです。生活習慣病予防のためにも適度な運動は必要です。
 

 
気楽にダイエット推薦情報
ダイエット方法
気楽にダイエット人気情報
気楽にダイエット新着情報
気楽にダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss