恋愛ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

LOVE LOVE ダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:11/5/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

科学者をも悩ませる「ウエストのくびれ」の魅力

 ダイエットは何のために行われるのでしょうか? いろんな理由があるにしろ、それは美の理想への追求であり、理想の肉体をめぐっての競争であることは間違いないようです。
 そして、理想の肉体を手に入れることができた人は、明らかに社会に出てもよい評価を受け、異性にも好まれるという結果を招きます。この事実に関しては、疑う余地もないでしょう。
 心理学者のハンキスは採用の面接で、やせた応募者は太った応募者よりも評価が高いということをつきとめています。
 ただし、「男性は単にやせている女性を好むか?」という質問に対しては、答えはNOのようです。できるだけ女性らしく、できるだけ極端でなく、間違ったところに脂肪が沈着していないことが重要なようです。つまり、男性は胸とお尻には脂肪がついていて、ウエストには脂肪がついていない体型を好むことがわかっています。

 さて、「男性はどのような体型の女性を好むのか?」という研究は多くの学者によって研究されていますが、そのなかでももっとも重要なカギとなるのは、単に体重が軽いことではなく、ウエスト/ヒップ比が重要なようです。この値が低ければ低いほど男性に魅力的な肉体、美しい肉体と評価されます。つまり、ウエストが細く、ヒップが大きく、からだの湾曲がきわだっているプロポーションに男性は「肉体の美しさ」を感じるのです。

 社会心理学者のシンは実際にウエスト/ヒップ比をいろいろと変えて女性のイラストを作り、男性に「どのような体型に魅力を感じるか?」という実験を行いました。下のイラストがそうです(『愛の解剖学』カール・グラマーより抜粋)。
 これは左から最も魅力的と思われた順番に並べられています。するとウエストが細く、ヒップが大きい、いわゆるお腹のくびれがもっとも著名にあらわれているものを魅力的と考えることがわかりました。左から4番目のイラストは3番目のイラストよりもやせていますね。にもかかわらず、ヒップの大きい(肉質感のある)3番目の女性のほうが好感度が高いことに注目してください。シンの実験によると、単にやせていることが女性の魅力につながるのではなく、ウエストのくびれがある女性のほうが好まれるということが判明するのです。

   
美しく花と散るバランス体型

 では、なぜ「ボンッ! キュッ! ボンッ!」といういわゆるウエストのくびれが際立っている女性を美しいと感じるのでしょうか? このことは心理学者たちの論議のマトであり科学者たちがいろいろと実験をし、考察しています。
 そのヒントはまず、この「ボンッ! キュッ! ボンッ!」という体型は幼児期には見られないということと、中高年ではその体型が崩れてくるという事実にあります。つまり、女性が若く生殖能力が盛んな時期にしかその体型になれないわけです。
 これは、ちょうど植物が実を結び、種を作る準備ができた時期にしか花を咲かせないのと同じことです。花は確かに美しい。ならばなぜ植物は生涯ずっと花を咲かせ続けることができないのでしょうか? その理由は花を咲かせることはその植物にとって非常に養分を必要とすることであり、年中咲かせるためには多くの養分を必要とするため、咲かせ続けるためには多大な養分をとられ、そのために花が貧弱になってしまい、かえって実を結ぶために不利になるからです。

 この理論を即座に人間を含めた動物たちに適用することはできませんが、適用するとしたら、女性は一生「ボンッ! キュッ! ボンッ!」という体型を維持できたほうが、美しく、有利であるが、そのためには多大な養分(コスト)がかかるため、生殖可能な年齢のときにしか、その体型になれないように遺伝子にインプットされていることになります。
 万一、幼児の頃から老年期まで、一生その体型を保つような遺伝子を持っていたら、逆に子孫を残すことに不利になることを表しています。実際にあらゆる動物たちにおいても、発情期にのみその美しさが目立ちます。孔雀の羽しかり、ウグイスの美しい鳴き声しかり、他の動物たちの毛並みの色艶しかりです。
 実際に中年になってからも美しいプロポーションを保つためには相当な努力を必要としますから、その概念はなんとなくわかりますよね。

 世界中の科学者たちも、当然、女性が美しいプロポーションを生殖可能な若い時期にしか保てない理由について熱心に研究しています。そしてその結果、導き出される答えは多くの学者たちの間で意見が一致しています。それは「女性がボンッ! キュッ! ボンッ!という体型になるのは、自分の妊娠能力をアピールするためである」こと。ちょうど、植物が美しい花を咲かせてから実を結ぶのと同じです。


女性がプロポーションを気にする本当の理由

 前出の社会心理学者シンは「ウエスト/ヒップ比が女性の健康と生殖可能であることを示すことのできる唯一の指標である」と結論づけています。彼の研究によると、妊娠可能な女性のウエスト/ヒップ比はほぼ0.65〜0.8におさまると述べています。
 確かに、幼児はお腹が出ていてお尻に脂肪がついていません。また、中高年になるとお腹に脂肪がつきやすくなり、お尻の脂肪も垂れ下がって落ちてきます。もちろん、そのような妊娠可能時期以外の体型を美しいと形容する人は男女ともに存在しません。
 それにひきかえ、男性は思春期を過ぎると、年齢に限らず精子を生産することが可能で、一生を通じて体型に関係なく女性を妊娠させる能力を持ちます。

 どうもこのあたりに「女性が男性よりもプロポーションを気にする理由」が隠されているようです。なぜなら、男性は女性に対して「自分は妊娠させる能力がある」ことを示す必要がないからです。いつでも妊娠させることができるのですから。それにひきかえ女性はプロポーションが悪いと、妊娠能力が低いととられてしまう可能性があるというわけです。
 こう言われると「私は妊娠能力を示すためにプロポーションを気にしているワケではない」と言って不快感を表す女性の方も大勢いらっしゃると思いますが、事実はもっとシビアのようです。
 さらにシンはウエスト/ヒップ比と女性の成人病との関連について調査を行いました。すると、平均的なウエスト/ヒップ比を持つ女性は、心臓疾患、糖尿病、胆嚢疾患、婦人科系の癌などの病気にかかりにくいことが判明したのです。

 つまり、ボンッ! キュッ! ボンッ!というプロポーションは病気に侵されにくい強い免疫力を(質の高い遺伝子)持つことのアピールにもなっているということなのです。
 さらに驚くべき事実は、平均的なウエスト/ヒップ比を持つ女性は、男性ホルモン(遊離テストステロン)が少なく、女性ホルモン(エストロゲン)が高いことがわかりました。女性ホルモンのエストロゲンは女性特有の美しいプロポーションを作り、生理を順調に訪れさせ、美しい肌のつやを保持させるホルモンです。このホルモンさえも、平均的ウエスト/ヒップ比を持つ女性に高い傾向があるというのですから驚きです。
 イギリスの産婦人科医のザーストラは人工授精における成功率はウエスト/ヒップ比が低い女性で高くなることを発表しています。つまり、ボンッ! キュッ! ボンッ!は受胎能力の高さと関係しているというのです。


魅力を感じさせる原動力は“子孫繁栄”

 今までの事実を見ていくと、「男性がなぜボンッ! キュッ! ボンッ!というプロポーションを美しいと感じるのか?」の理由が見えてきます。このような体型を持つ女性は遺伝子的に優れた免疫力を持ち、健康で、しかも妊娠能力に優れているから男性はそのような女性に魅力を感じるように進化してきたということになりそうです。

 もちろん、男性自身はそんなことを少しも考えていませんが、そういう美しい体型の女性を好んで選んだ男性が自分の子孫を繁栄させることができたということになります。考える必要もなく子孫繁栄という結果に現れてしまいます。
 もちろん、女性もそのようなことを少しも考えていませんが、ボンッ! キュッ! ボンッ!を女性自身も美しいと感じているわけですから、これは男女の利害関係がしっかり一致していることになります。

 美しくなりたいと思う理由は人それぞれですので、それを「子孫を繁栄させる力をアピールしていること」を目的としていると考えるべきではありませんが、そもそも、「美」自体に子孫を繁栄させる力の強さが秘められているということは正論のようです。私たちが何の理由もなく、気まぐれでボンッ! キュッ! ボンッ!を美しいと感じているわけではないようです。ダイエットはとても奥が深いのですよ。みなさん!

前: HGH ダイエット   次: ありません
 
恋愛ダイエット推薦情報
生活 その他
恋愛ダイエット人気情報
恋愛ダイエット新着情報
恋愛ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss