腕ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

腕組みダイエットとは

出 所:diettonya.com     更新日:12/20/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

腕組みダイエットをご存じですか。今一番ホットで話題のダイエット方法です。腕組みダイエットは女優の藤田弓子さんも実践してダイエットに成功した折り紙付きのシェイプアップ方法として話題となっていますね。腕組みダイエットは文字通りですが腕を後ろに組んでストレッチを行うやり方になります。内蔵脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを改善する効果が高く体の内側からスリムになっていきます。腕組みダイエットは単に脂肪を落とすというのではなく筋肉を鍛えて内蔵から体質を改善していく方法になります。

70秒でできる腕組みダイエットのやり方
腕組みダイエットのやり方はストレッチを主体としたやり方で次の通りになります。

1.基本姿勢
・先ず足の「かかと」と「つま先」をそろえてまっすぐな姿勢になって立ちます。
・いったん目線をやや上に向けて、次に「あご」を引いて目線を元に戻します。
・肩の力を抜いて(をゆるめて)、後ろに手を回して腕を組みます(手首同士をジョントさせます)。
・後ろで手を組むときは「組みにくいやり方で組む」ことです。自然に腕を組むのではなく、組みにくいやり方で・腕を組むことです。これがポイントになります。
・へその下に意識を集中して、軽く腹筋に力を入れます。

2.腕組みストレッチのやり方・方法
(1)脇腹の腹筋を意識しながら上半身を右に倒します。10秒間制止します。次に左に倒して10秒間制止して姿勢を保ちます。
(2)顔を起こしたまま腹筋を意識し、上半身を前に倒して10秒間制止。
(3)上半身を正面に向けたまま、上半身を右にひねって10秒制止。同様に上半身を左にひねって10秒間制止させます。
(4)腹筋を意識しながら半歩前に右足のかかとを前に出して、10秒間制止します。左足のかかとを前に出して、同じく10秒制止します。

 合計70秒。これが腕組みダイエットのやり方です。やり方は簡単ですが、実際やってみると結構な運動にななのが分かります。しかしこれがものすごいシェイプアップ効果を発揮します。腕組みダイエットの方法では内臓の筋肉をフルに使用します。けれども内臓の筋肉は普段は使用していない筋肉なため、わずか70秒の腕組みエクササイズでも効果が期待できます。腕組みストレッチ実践すると体が引き上がる感じになるといいます。普段使われていない内臓筋肉が活性化してきた証拠だといいます。

腕組みダイエットの効果の秘密
 
腕組みダイエットは、なぜたった70秒のストレッチで、ウェストのサイズダウンができるのでしょうか。それは腕組みストレッチが内臓の深部筋を引き締めるからだといいます。内臓の深部の筋肉は、骨格を正しく保つために重要な筋肉だといいます。しかし普段の日常生活では、立ち方や座り方が悪くなりがちで、この結果、内臓の筋肉のバランスが崩れてしまい、骨格も歪んでしまうといいます。

深部の筋肉は、じつは骨格をつなぎ合わせる重要な筋肉です。この筋肉が弱ったり衰えると骨格も歪んでくることはお分かりだと思います。腕組みストレッチで内蔵の筋肉を鍛えるわけですが、よく「老化は内臓から」といいますね。この意味には内臓の筋肉も含まれているのでしょう。内臓の筋肉を衰えてくると体に歪みが生じて不具合なことが起きやすくなります。

腕組みストレッチに近い考え方に骨盤ダイエットがあるかもしれません。骨盤体操をご存じの方はお分かりだと思いますが、骨格の歪みは体にさまざまの悪影響を及ぼします。骨格が歪むと血行も悪くなり、代謝活動が悪くなっていきます。その結果、やせにくい体質になり、肥満しやすくなる悪循環に陥るようになります。これが肥満に至るもっとも多いパターンであり、セルライトも発生するメカニズムとなっています。ですから腕組みストレッチを行って内臓の筋肉を鍛えてバランスを正常にすると、骨格のバランスがよくなり、その結果、血行がよくなって代謝活動もよくなって、スリムな体になるわけです。

腕組みダイエットの注意
腕組みダイエットは70秒でできる簡単なダイエット方法ですが、注意すべき点もありますので紹介いたします。

1.姿見で裸をチェック
実際に自分を鏡に映して見て、ボディチェックをします。自分のスタイルを見ることでますます気を付けるようになります。そしてこれが狙いです。いわゆる「セルフプロデュース」をして美しいボディを作り上げるためにモチベーション維持にも役立たせます。

2.食事タンパク質を意識して摂ること
タンパク質を意識して摂ることが大事です。なぜならば人間はタンパク質が不足すると筋肉が落ちるからです。タンパク質は体重の0.1パーセントを摂取することが推奨されています。

3.水分(水)を摂取する
優先的に水を飲むことも大事だといいます。水の代わりにお茶を思いつく方もいると思いますが、お茶よりも「水」の方がよいとされています。その理由は水は体内への「浸透率」が高いからです。つまり代謝活動を活発にするためには、お茶よりも「水」の方がいいからなんですね。「水ダイエット」があるくらいですから、やはり水分はこまめに摂取して代謝活動を促進させましょう。

以上の注意点も踏まえながら腕組みダイエットに取り組んでみましょう。忙しいあなたでもわずか70秒のストレッチ運動で内蔵筋肉を鍛えて健康な体になること請け合いでしょう。もちろんダイエットにはそれぞれ合う合わないもあると思いますので、自分にあった方法を継続することが大切ですね。 
 

前: 二の腕ダイエット   次: ありません
 
腕ダイエット推薦情報
局部ダイエット
腕ダイエット人気情報
腕ダイエット新着情報
腕ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss