産後ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

産後トリビア

出 所:diettonya.com     更新日:1/14/2009
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

ダイエット以外の知識や悩み、ストレス解消法やトリビアなどを含め色々な産後のことについて掲載していきたいと思います。

産後ダイエットをしない時代があった

古い時代では、現在のように粉ミルクがなかったのでほとんどの母親が、赤ちゃんを母乳で育てていました。

実は母親の体型というのは、産後の母乳を与えてあげるだけで、元に戻ることが多いと言われていたのです。
しかし、最近では、母乳がしっかりと出る母親は少ないので産後1ヶ月程度で、母乳から粉ミルクに切り替えてしまうという方も多いのですが母乳を与えることはカロリーを消費しダイエットにつながるのです。

母乳がしっかり出る方は、できる限り母乳を与え続けることが、赤ちゃんや母親の健康にもよいと言われています。

産後の性生活の注意点

産後の性生活は、産後1カ月検診で、医師から許可が出れば性生活を再会しても大丈夫です。遅くても6〜8週間くらいでほとんどの人がOKになります。
産後の性生活で多い悩みは強い痛みを感じたり、濡れない、ゆるくなったと言うのをよく聞きます。

産後は女性ホルモンのバランスがくずれているので、分泌物が少なく、腟にうるおいが少なくなりがちで精神的に不安定なので体が硬くなって痛みを感じることが多いそうです。性生活を続けることで痛みは次第にやわらいでいきます。
痛みなどの不快感を解決する方法としてすべりをよくするローションを使ってみるのもよいでしょう。
もし産後のセックスの痛みがなくならない場合は炎症をおこしている可能性がありますので産婦人科医に相談した方がいいでしょう。

出産によってゆるくなるのは仕方がないのですがゆるみは直すことが可能です。
子宮が元に戻る産後8週間の間に毎日産褥体操をすることによって戻りはかなり違ってきます。

産後の避妊については産後の最初から行ってください。産後生理が1回も来ないうちに妊娠する人もいます。早すぎる妊娠は体へ負担が大きいので次回の妊娠は出来れば1年以上あけるのが理想です。
避妊の際にピルを使用すると成分が母乳に出る可能性があるのでピルを使うのは避けてください。

出産によってセックスレスになる夫婦もよく聞くので産後しばらくは前戯だけで徐々に慣らしていったり、お互い協力していくことが重要です。

産後のストレスについて

出産はそれ自体がとても大変な作業です。
お産が困難であればなおさら疲れきってしまうでしょう。
そんな産後のストレスがひどい場合に効果を発揮してくれるハーブがあります。

*疲労に効果的なハーブティー
@フォールスユニコーンルート、トウキ、ジンジャー、イラクサを同量ブレンドしてハーブティーを作ります。
A1日に3〜6回ずつ飲むようにしましょう。
  
*体力消耗の回復に効果的なハーブバス
ニュウコウジュ、ローズ、レモンのオイルなどをお風呂に入れるとストレスが和らぐと言われています。

流動性脂肪とは

女性ホルモンにより蓄積された特有の脂肪です。
妊娠中に太るのはプロゲステロンと言う女性ホルモンが体脂肪を増加させるからで出産後はプロゲステロンよる体脂肪の貯蓄作用がなくなるので、太る心配はありませんが、注意が必要なことは、プロゲステロンにより蓄積されてしまった流動性体脂肪は、いずれにしても産後6ヶ月以内に何とかしないと体に定着してしまいます。

産後ダイエットの近道!リンパをスムーズに流そう!
下水道の構造を上手く説明できますか? 水道はなんとなく蛇口までのイメージが湧きますが、下水道はどうも認識が薄い様な気がします。 体も同じこと。
血液の役割はイメージがわくけど、リンパ線はどうもイメージが薄いことありませんか?
リンパは簡単に言うと体の老廃物を流し出す体の下水道です。この体の下水道の重要性を再認識し、産後ダイエットを効率よくしましょう。

産後ダイエットの近道はこの老廃物を運ぶリンパ液を流れやすくし、デトックスすることです。  リンパの流れが悪くなると、まるで、つまった下水道! 体に毒素がたまり色々な疲れ、肩こり、むくみ、そして太る!
考えただけで肩がこってきませんか?
良い事はひとつも無いのです。

つまり、産後ダイエットを考えた時、まず最初に行いたいのがデトックス。 リンパ液をスムーズに流すことでデトックスし、効率よくダイエットがおこなえる体になります。

リンパ液による筋肉の動き

運動、ストレッチ、マッサージをしないと、体の下水道、リンパは流れない!
そうです。
リンパは運動やマッサージが必要なんです。なぜ運動やマッサージが必要かというと、血管とは違い、リンパ腺は運動能力はないので、リンパ液の流れは、筋肉の動きによって左右されます。

筋肉がリンパのポンプの代わりになり,リンパ液がスムーズに流れる様になります。
早速、産後のダイエットに「リンパマッサージ」を取り入れてみましょう。

また血液の流れにもリンパ液は左右されます。
静脈に沿って流れているリンパは静脈の血行が悪いとそれに影響され、流れが悪くなってしまいます。

リンパの流れがわるくなると、体液がたまりこんで、脂肪細胞に老廃物がたまり、セルライトができてしまいます。詳しくは産後リンパマッサージのページをごらんください。

悪露とは

出産後すぐから1カ月ほど続く、子宮からの出血で、その原因は、出産によりはがれ落ちた子宮内膜や胎盤、産道などの傷跡から分泌物が排出されるためにおこります。

産後直後は、量も多く、赤い色をしていますが、徐々に量も減って、しだいに茶褐色になってきて、最後には白色になります。この悪露の色や量によって、どの程度子宮が回復しているかを推測できます。

産後すぐの悪露の分泌が極端に少ない場合や、逆に産後1カ月以上たっても出続けているときは、何らかの原因が考えられますので、健診時などに医者に相談してください。

もちろん個人差がありますので、2ヶ月続く場合も考えられますが、相談する事で不安も解消されます。また、悪露は塊で出てくる場合もあります。

2、3cmはよくありますが、中には10cm程の塊で出てくることもあります。
悪露が多いと、出産時にもらう悪露用パットが全然足りない場合があります。

なので、出産時には事前に生理用ナプキンなどを持参するといいですよ。不安な際は、自分で悩まずにすぐに相談する事をおすすめします。

前: 食事によるダイエット   次: ありません
 
産後ダイエット推薦情報
生活 その他
産後ダイエット人気情報
産後ダイエット新着情報
産後ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss