痩身
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

足の裏湿布ダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:6/17/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

  テレビで放映されて、大評判になった足の裏湿布ダイエット。当院にもたいへん多くのかたから、問い合わせをいただき、うれしい悲鳴をあげたものです。そこで足の裏湿布ダイエットについてくわしいお話をしたいと思います。
最初に、簡単なテストをやってみましょう。読者の皆さんは、足の指を使ってじゃんけんをすることができますか。足の指で、グー、チョキ、パーの形が作れる人なら、足の裏の筋力が十分にある人といえるでしょう。
これは、足の裏の筋力を見るための簡単なテストです。意外なようですが、やってみると若い人のほうができない場合が多いのです。
これは現代人が靴ばきの生活に慣れ、裸足で生活する機会がほとんどなくなったためです。そのため、指を動かして足の裏の筋肉を鍛えたり、足の裏に刺激が加わる機会は、ないに等しいといえるでしょう。
これは、じつにもったいないことです。足の裏は全身の縮図であり、全身の働きと密接なつながりがあります(イラスト参照)。そのため、足の裏を刺激すれば、ダイエットできたり、痛みや病気を治すことも可能なのです。
なぜ、足の裏を刺激することが、ダイエットや病気治しに役立つのか、くわしく説明しましょう。
足の裏には、非常にたくさんの血管が集まっています。そして、そのひとつひとつの血管に、自律神経がまとわりついています。
足の裏に刺激を加えると、自律神経を通して脊髄に伝わり、脳へと届きます。そうして、信号を受けた脳の部分は、その神経に応じた機能を活性化させるように働くのです。
さらに、血液の循環がよくなれば、全身の筋肉も活性化して、脂肪の燃焼も促進されます。そのため、足の裏を刺激するだけで、極端にいえば運動をしたのと同じような効果が得られるのです。
このように、刺激を与えた場所に応じて、体の機能が活性化する仕組みを「反射」といいます。足の裏を利用した反射ゾーン療法は、「足裏反射ゾーン」療法です。
「足裏反射ゾーン」療法は、欧米や台湾でも利用されてきた歴史があります。しかし、ゾーンや刺激のやり方は、その国によって違いがあります。
台湾を例にとれば、加える刺激の力は、ある程度強いものです。それは、台湾の多くの人が、家の中でも裸足で生活することが多かったため、加える刺激もある程度、強い力が必要と考えたのです。
しかし、現代の日本人はどうでしょうか。きゅうくつな靴に足を包んだ生活の日本人の足は、皮膚も筋肉も弱っています。そのため、湿布のようなやわらかい刺激でも十分に効果があるのです。
このようなことから、患者さんが自宅でもできる補助療法として、私が考案したのが湿布を使った「足裏湿布療法」です。

 市販の湿布を適当な大きさに切って貼るだけ
  やり方は、じつに簡単。湿布を適当な大きさに切り、自分が治したい症状の場所に貼るだけです。一日じゅう貼っておくと効果が高いですが、無理なかたは夜寝ている間だけでもかまいません。そして、入浴時など1日1回貼りかえるのが原則です。
湿布は市販されている湿布で十分な効果が得られます。ただ、足の裏に貼ると、はがれやすいので薄手のピッタリつくものがおすすめです。
ダイエット目的で貼るときは、市販の湿布を適当な大きさに切ったものを2枚用意します。そして、1枚目は足の第2指から、第4指にかけてのつけ根部分の盛り上がった部分に貼ります。これは、甲状腺の働きを活発にして、脂肪の代謝をよくするゾーンです。
2枚目は足の中央部分に貼ります。上の部分は腎臓の働きを活発にして、水太りやむくみを解消するゾーンで、下の部分は、腸の働きを活発にして、便秘を解消するゾーンです。
ダイエットや病気治しのためには、湿布を貼るのにいちばん適したそれぞれのゾーンがあります。そこで、私は海外の既成のものにとらわれるのではなく、自分で多くの患者さんを診療した結果、効果が高いと思われる独自の反射ゾーンを考案しました。ぜひ、参考にしてください。

 

 
痩身推薦情報
醫学ダイエット
痩身人気情報
痩身新着情報
痩身
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss