季節ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

みかん寒天ダイエット

出 所:diettonya.com     更新日:6/17/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

食物繊維を煮詰め濃濃縮したのが寒天

寒天はテングサという海藻を原料に作られています。その食の歴史は平安時代に始まると解説してくださったのは、元東海大学海洋学研究所教授で水産学博士の山田信夫先生です。
「寒天は遣唐使が中国から持ち込んだものだといわれています。テングサをドロドロになるまで煮てから固め、それを真冬の夜空で凍らせ、日中に溶かして脱水する、いわゆる凍結乾燥技術が日本で生まれました。日本の発明品のなかでも優れたもののひとつです。
 
 寒天は、テングサなどの原藻の細胞と細胞との間に存在する粘質多糖類といわれるもので、食物繊維の代表的なものです。食物繊維のなかでも寒天に多いのは、ガラクトースといわれる不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は名前のとおり水に溶けない食物繊維で、人の体内では消化吸収ができません。
 したがってノンカロリーでありながら、胃での滞在時間が長く満腹感が持続するので、食べすぎを防ぎます。さらに腸内で水分や食物に含まれている余分な脂肪や、腸の老廃物と絡み合って便を形成。腸壁を刺激して蠕動運動を活発にし、便をスムーズに排出します。
 
 さらに、完全に精製された寒天には含まれていませんが、通常の寒天には微量ですがミネラル類も含んでいます。ミネラルは私たちの体の新陳代謝を高めるたいせつな成分です。ミネラルのなかでもとくにカルシウムは精神安定のミネラルと呼ばれています。ストレスのせいでついどか食いをしてしまう人にはカルシウムの補充はたいせつ。これらの成分の働きから、寒天はダイエットに適した食材といえるでしょう」(山田先生) 
これは、食物の重量のなかで、不溶性食物繊維が占める割合を比較したグラフ。寒天は全体の約74%が食物繊維でできていて、まさに食物繊維の王様と呼ぶにふさわしい食品である
 
 みかんの成分に世界中がA注目している
 

 このように山田先生からダイエット向きというお墨付きをいただいた寒天に、日本の冬に欠かせないみかんをあわせることで、ダイエット効果はさらに高まります。
「みかんに含まれるペクチンは、水溶性食物繊維の一種で、コレステロールが腸の中で吸収されるのを阻止する働きがあります。また、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えて、便秘を改善するのです。さらにみかんの酸味のもとであるクエン酸は、クエン酸サイクルといって、体内のエネルギーとして蓄えられた糖質のカスも残らないほどに燃焼させます。
 この2つの成分にも十分なダイエット効果がありますが、これらは柑橘系のほかの果物にも含まれているものです。みかん(温州みかん)の特筆されるべき成分はβ-クリプトキサンチンだと思います」
 こうコメントをくださったのは臨床栄養学の第一人者で茨城キリスト教大学教授の落合敏先生です。
 じつはβ-クリプトキサンチンを含むみかんは、海外の研究者からも注目を集めています。
「β-クリプトキサンチンは、細胞をサビつかせて老化を早め、動脈硬化やガンを引き起こす活性酸素を除去する作用があります。β-クリプトキサンチンは、食物の色素であるポリフェノールの一種なのですが、このポリフェノールのなかでも群を抜いて強力です。
 この成分は生活習慣病の予防効果が高いことから世界中で注目を集めているのですが、私はダイエット効果も期待できると考えています。年齢を重ねるたびに、代謝が落ち太りやすくなったと感じている人は多いのではないでしょうか。つまり、老化と肥満にはつながりがあり、ですからβ-クリプトキサンチンをとって、体内の細胞を若返らせることで代謝をアップし、肥満を防止することができると考えられるわけです」
 
 おいしく食べられるのでストレスなくつづく
 

 このような高いダイエット効果ももちろんですが、みかんの果汁を寒天で固めたみかん寒天はおいしく食べることができます。そのおかげで、ダイエットをしているというストレスを感じないですむはず。数々のダイエットで挫折してきたという皆さん、ぜひ試してみてください。 
 
 

 
季節ダイエット推薦情報
ダイエット常識
季節ダイエット人気情報
季節ダイエット新着情報
季節ダイエット
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss