豆乳ダイエット
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

豆乳バナナのすごいダイエット効果

出 所:diettonya.com     更新日:6/17/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

代謝を高めて肥満を防止する大豆タンパクと、その効果をさらに高めるイソフラボン。大豆は低カロリーで良質の栄養素を豊富に含む、ダイエットの強い味方。    
 
大豆タンパクは体内脂肪の代謝に働きかける
 
 
 健康的な食品としてすっかり認知されている大豆。ダイエットにおいても、その効果は絶大です。
 大豆の植物性タンパク質に含まれるペプチドには、血清コレステロールを低下させたり、脂肪を燃焼しやすくさせる働きがあります。さらに、大豆の脂質に含まれるレシチンには、善玉コレステロールを増加させる効果があります。
 そして、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、体内で同じ作用をする大豆イソフラボン。
 この大豆イソフラボンはダイエット時のホルモンバランスと調和し、大豆タンパクとともにコレステロール低下や肥満防止効果を高めると考えられています。イソフラボンは植物に含まれますが、大豆のイソフラボン含有量は格段に多く、「イソフラボンといえば大豆」といえる存在でしょう。

ミネラルバランスにすぐれた完全栄養食品 
 
  大豆は良質のタンパク質をはじめ、リノール酸やレシチンと呼ばれるリン脂質、ビタミンB群やEを含み、亜鉛、銅も豊富。ほかにもナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなど、ミネラル類がバランスよく含まれています。特にカルシウムは、骨がすかすかになる骨粗鬆症を予防する効果があります。
 大豆タンパクを手軽で効率よくとる豆乳 
 
  このように、大豆はダイエットにとても適していますが、そのままでは消化が悪く、せっかくの栄養も効率よくとることができません。
 大豆のタンパク質を消化しやすいように加工した大豆製品のなかでも、特にタンパク質の吸収が高いのが豆乳です。
 豆乳は大豆の持つタンパク質の特徴を保ち、イソフラボンも多く含んでいます。豆乳中に含まれる大豆オリゴ糖は、腸内の有用菌の増殖を助ける成分として注目されており、便秘を防ぐ働きもあります。
 ダイエットに有効な要素をたくさん持つ、大豆と大豆製品。なかでも豆乳は、よりダイエットにすぐれたドリンクなのです。
 
低カロリーで高い栄養価はダイエットにぴったり  
 
 腹もちがよく、甘味があることで、つい高カロリーと思われがちなバナナ。その甘味のもとである糖分には、ブドウ糖、果糖、蔗糖など複数の糖質が含まれています。まず、ブドウ糖が体内に吸収されてエネルギーになり、果糖や蔗糖はゆっくりとエネルギーに変わります。このように、バナナに含まれるさまざまな糖が体の中で次々とエネルギーに変わって長時間持続するので、腹もちがいいわけです。そして、じつはおよそ1本80kcalと意外にカロリーが低く、ごはんなら茶わん半分ほどに、ショートケーキなら1/3くらいに相当します。しかし、満腹感は数段バナナのほうがありますね。
  
栄養バランスのとれたダイエットで肌荒れ知らず 
  
 バナナはビタミンA?C、食物繊維も豊富。そのためダイエット中に栄養バランスの乱れから起こる肌荒れや便秘なども、バナナを食べることで自然に解消されていくでしょう。いくらやせても見るからに不健康では、ダイエットの効果も半減です。
 手軽に食べられて、さまざまな栄養素が豊富、生活習慣病も防ぐバナナは、まさにスーパーフルーツ。空腹感からくるストレスもなくなって、ダイエットに最適です。

豊富なミネラルが生活習慣病予防にも  
 
 バナナに含まれるミネラルにカリウムがあります。カリウムは、血圧を上げる原因であるナトリウムの排泄を促して、高血圧の改善に効果を発揮します。むくみの改善も助けるので、水太り体質で疲れやすい人には特におすすめ。カリウムは、ほかにも野菜や果物、海藻類に含まれていますが、バナナ1本で成人が1日に必要な量の1/5を補えるのです。
 また、血管を広げて血圧を安定させ、高血圧を予防する働きを持つマグネシウムも豊富。血圧を安定させ、神経の興奮もしずめるので、不整脈にも効果があります。
 満腹感に通じる食物繊維にも、血圧を下げたり、コレステロールを低下させる働きがあり、肥満と関係の深い生活習慣病の予防にとても役立ちます。
 
「豆乳」+「バナナ」でダイエットパワーがアップ!
代謝を高めて、ぐんぐんやせ体質に。
さらに脂肪の燃焼を促して水太り、むくみも改善。
バランスのとれたダイエットができる。
 
ポイントは「摂取カロリー」「空腹感」「栄養バランス」  
 
 現代女性の永遠のテーマともいえるダイエットを成功させるには、3つのポイントがあります。
 まず、摂取カロリーを減らしすぎないこと。ダイエット中だからといって、摂取カロリーを極端に減らすと基礎代謝が落ちて、逆にやせにくい体になってしまいます。    
 
 2つ目は空腹感を上手にまぎらすということ。せっかくの食事制限も、空腹感に負けてどか食いをしては意味がありません。リバウンドを起こし、さらに太ってしまうことも。満腹感のある食べ物を上手にとり入れることがたいせつです。
 そしてバランスを考えた食事をとること。ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素が不足してしまうと、代謝機能が低下し、エネルギーをスムーズに燃焼させることができなくなってしまいます。そればかりか、貧血や生理不順、肌荒れ、便秘など、さまざまな不調をきたすことにもなりかねません。やみくもに食事を減らすのではなく、栄養バランスのとれたカロリー制限を行いましょう。
 豆乳とバナナは驚異のダイエットパワー  
 
 豆乳とバナナをミキサーにかけると、ふんわりとしたドリンクになります。これだけでもおなかがふくらんで、十分に満腹感を得ることができます。豆特有の臭みも、バナナと合わせることでほとんど消えてしまうので、豆乳嫌いでもおいしく飲めます。豆乳の原料は完全栄養食に近い大豆。大豆に含まれる良質のタンパク質はダイエットに欠かせない成分といってもいいかもしれません。また、豆乳に多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、ダイエット時に起こりがちな「骨が弱くなる」「ホルモンバランスが乱れる」ことも防いでくれます。
 そして豆乳に組み合わせるのは、食物繊維が多く、栄養豊富なバナナ。バナナに多く含まれるビタミンEは、大豆タンパクの分解、代謝を促進する働きがあります。つまり、豆の燃焼を促す大豆タンパクをより効果的に使うことができるのです。
 豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナ」には、互いに有効成分を高め合う、じつに相性のいい驚きのダイエットパワーが隠されているのです。

理想の組み合わせで上手にダイエット 
  
 先に挙げた、ダイエットの3つのポイントを守っていくのはなかなかむずかしいことでしょう。そこで「豆乳バナナ」の出番です。基礎代謝を高めながら適度なカロリーを摂取でき、満腹感も得られ、栄養バランス満点。そんな豆乳バナナを飲むことが、上手なダイエットの近道になるのではないでしょうか。
 

 
豆乳ダイエット推薦情報
健康ダイエット
豆乳ダイエット人気情報
    豆乳ダイエット新着情報
    豆乳ダイエット
    ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss