ダイエット運動
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

筋トレ方法

出 所:diettonya.com     更新日:6/9/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

男も女も筋トレでボディラインを作ろう!
有酸素運動で脂肪を燃焼しながら、全身の筋肉を、少しずつ太くしてみましょう。すると、洋服を着ていてもわかるくらい、体のシルエットが綺麗に見えます。

たとえば、お尻の筋肉を鍛えると、ヒップの位置が上がるため、足が長く見えるようになります。

うちのサイトはダイエットサイトなので、引き締まった体を作る筋トレ方法を紹介します。男性の場合は左の写真のような体型になります。

こんなゴツゴツした体はいやぁぁあ!という女性も大丈夫。このサイトで紹介している方法を使い「負荷を軽めに。回数を多めに。」というポイントを心がけると、女性らしいボディラインになります。

とくに「ウエストのくびれを作る」のは、とても簡単だと思います。男性も、あっさり腹筋が割れますヨ。

ただし!特定の部位だけを鍛えるのはダメ。全身の筋肉を鍛えて、バランスの良い綺麗な体を作ってみてください。

筋トレにプロテインは必要?
上の写真は私なわけですが、プロテインは飲んでいません。この程度の筋肉は食事のみで行けます。プロテイン=たんぱく質なので、肉?魚類、大豆食品を積極的に摂取するようにします。

ただ、筋肉の回復が食事のみでは間に合わない感があり、ちょっときつかったようにも思います。この程度、または、もっとゴツい体を作りたい人は、プロテインが必要かもしれません。

私も、今以上にゴツくするなら、プロテインは摂取すると思います。

女性の場合は、食事のみで行けます。プロテインの過剰摂取は脂肪の蓄積に繋がるので、ご注意を。

ただ、女性の中には運動量が多い人もいると思います。そういう人は筋疲労回復のため、食事ごとのプロテインも考えてみると良いでしょう。

筋肉を、あまり太くしないような摂取法、プロテインの種類もあります。また、クエン酸(100%果物ジュースなど)を飲むと、疲労回復になります。

スポーツジムに行かなきゃダメ?
またまた私の場合ですが、スポーツジムには行っていません。自宅で充分にトレーニングできます。ただ、ジムの方が、スペースがあり、道具が揃っているのは魅力ですね。あなたの部屋に、たたみ3畳くらいのスペースがあれば、自宅でできると思うので、まずは自宅で始めてみてはいかがでしょうか?ということで場所代無料!

筋トレの道具は必要?
ダイエット方法 ネタ本では、4種類の筋トレ方法をご紹介します。

腕立てなど自分の体重を使った筋トレ
ダンベル
チューブ
アイソメトリック

自分の体重を使った筋トレは基本になります。全身の筋肉を鍛えられるので、方法を理解しておくと良いでしょう。

ただ、全身を鍛えられる反面、特定の部位だけを効率良く鍛えるのには不向きです。

また、自分の体重では重すぎて、すぐに疲れちゃうという場合もあります。このような場合は、ダンベル、チューブトレーニングで代用します。

これとは逆に、自分の体重では物足りない!もっと筋肉を太くしたい!という場合も、ダンベル、チューブトレーニングになります。

つまり、筋肉を細くしたい、太くしたいの違いは、軽い負荷を使うか?重い負荷を使うか?ということが大きなポイントなのです。

なお、特定の部位ごとに、筋肉を徹底的に鍛える!という場合も、ダンベル、チューブ、マシントレーニングが向いています。
女性には写真(上)のダンベルがオススメです。これはペットボトルにお水を入れて使います。100円ショップなど雑貨店で購入できます。ほんの数百円だし、あると重宝しますよ。

写真(中)は男性、頑張る女性向き。値段は、プレート(重り)のセット内容で変わりますが、約1万円で30キロのダンベルセットを購入できます。コレがあると、効率良く体を鍛える事ができるので、とてもオススメ。ちょっと高いので、ダンベル貯金をしましょう。

写真(下)は頑張る男性向き。たしか3万円くらいだったかな。フルセットを購入しました。自宅で本格的に体を鍛える事ができます。が!場所をとるので部屋が狭くなるのがツライ本気でやりたい人はフルセットを買っても良いと思うけど、まずはダンベル(写真 中)で充分です。
チューブトレーニングは、運動選手が必ずやっている!と言っても良いトレーニング法です。

チューブトレーニングの魅力は、インナーマッスルを効率良く鍛えられることにあります。インナーマッスルとは、骨に近い、深い部分の筋繊維をいい、これを鍛えると表面上の大きな筋肉と骨の連動がスムーズになります。すると運動能力が向上し、ケガ予防になるというわけです。

これに対し、ダンベル、マシンでも「スローで筋トレをすれば、インナーマッスルは鍛えられる」という説もありますが、チューブトレーニングの比ではないようです。

なので、私としては、チューブトレーニングとダンベルの併用を切にオススメしたいと思います。うちのサイトを見てくれたあなたには、見た目も実用性も素晴らしい体になっていただきたいと思います。

メーカーによると思いますが、負荷の強度によりチューブの色が違います。強い順に列挙すると、シルバー?ブラック?ブルー?グリーン?レッド?イエローとなります(セラチューブ)。

すべてのチューブは3メートルという同じ長さですが、強度が強いほど値段が高くなり、2000円前後です。

ネットでも買えますが、できればお店で手に取り、強度を確かめてからの方が良いと思います。利用法にもよりますが、想像以上に負荷は強いです!
普通の筋トレって、体を動かしながらやりますよね?ダンベルを持ち上げる…という動作が伴うのが主流です。

これに対し、アイソメトリックでは体の動的な動きはありません。たとえば「動かない壁を押す」という見た目は静的な筋トレがアイソメトリックなのです。

これは、運動選手でも取り入れていますが、それほど注目されていません。なぜなら、実用性のある筋肉というよりは、見た目を良くする程度の筋肉しか付かないからです。

むしろ、忙しくて筋トレできない!という人に役立つかもしれません。道具は一切不要なので、暇なとき、電車の中などでやってみましょう。
うぅ…いろいろあり過ぎて、わからへん
…という意見がありそうですが、どうっすか?

まぁ、これは知識段階の話(横の知識)なので、全部を覚える必要はないです。

とりあえず、筋トレを実践し、その中で実感して頂ければと思います(縦の知識)。まずは、左上にあるメニューの中から、生活の中に取り入れてみましょう!

筋トレメニューは左上にあるので、そこから選んでくださいネ。
 

 
ダイエット運動推薦情報
急速ダイエット
ダイエット運動人気情報
ダイエット運動新着情報
ダイエット運動
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss