脂肪 吸引
ダイエット[diettonya.com]-お気に入りに追加
ダイエット検索: 繊美姿 終極痩 苦瓜清脂

脂肪吸引とは

出 所:diettonya.com     更新日:7/2/2008
1、当社は無条件返品を承諾いただき、お客様は買った商品が好きではない場合、当社は無料で無条件返品又は返金し、及び所有運送や代金支払い過程に生じた費用を負担いたします。

脂肪吸引とは何か?
 

脂肪吸引とは簡単に言ってしまえば、余分な皮下脂肪を細い吸引管で吸引して取り除く手術方法です。 余分な脂肪と言っても、指でつまんだ部分を全部なくすことが出来るという魔法のような手術ではありません。 皮膚に近い部分の脂肪はあえて吸引せず、筋肉層に近い部分を吸引していきます。この皮膚に近い部分を吸引してしまうと、ボコボコになってしまったり、血行障害がおきたり、皮膚の感触が悪くなってしまったりという危険性があります。 カウンセリングの中でどの部分は吸引出来て、どこは吸引出来ないのか、それは何故か、自分できちんと把握しておくことも必要なことです。  そして、脂肪吸引というのは熟練した技術、経験そして芸術的センスが必要になってくる手術です。  もちろん危険性ばかりでなく、細い吸引管(1.6ミリ〜3.5ミリ)を使い分けることで細かく丁寧に吸引でき傷跡も目立たなくなり、確実にサイズダウンできる素晴らしい手術であるということも事実です。

● どれくらい細くなるのか?リバウンドや術後のケアについて
(脚にデザイン+尿管) 脂肪というのは元々、水に浮いてしまう位軽いものであるため、体重自体は殆ど変わらないですが、部分的に細くすること、ボディラインを整えるという面ではとても効果的です。 個人差もありますが、ジーンズでいうなら、1サイズ〜2サイズはサイズダウンさせることは可能です。  ダイエットとの大きな違いは、リバウンドがほとんどないということです。通常、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることで太ったり、痩せたりはしますが、脂肪細胞は成長期でその数が決まってしまうといわれています。 脂肪吸引の場合、脂肪細胞自体を取り除いてしまうため、残っている脂肪細胞がたとえ大きくなったとしても、脂肪細胞の絶対数が減少しているためリバウンドするという程のことはありません。  術後は腫れむくみが生じてしまうため、圧迫が大事になってきます。圧迫することにより腫れを最小限に抑え早くひかせる、弛まないようにさせる等々メリットが多く、1〜3ヶ月はしっかり圧迫をすることが美しく仕上げるポイントとなります。 また超音波やエンダーモロジーを施行すると術後の経過を早め、皮膚のしなやかさを回復させます。

● 脂肪吸引の歴史
Dr.木村とフィッシャー会長
(1996年5月)  元々、1977フランスのフルニエ、イルーズらが創めたとされますが、その原型はイタリアのフィッシャーが行っており、フルニエはフィッシャーから学んだと言っております。(後年フィッシャーは何度か来日されており、学会出席での際、Dr.木村も挨拶の傍ら、その話を通訳を介して聞いております。) そして日本で脂肪吸引の診療が始められたのは昭和58年頃からです。当時はまだ黎明期で全身麻酔を掛けては血だらけで行っていました。しかし、アメリカはフィラデルフィアのクラインが1980年代後半にTumescent Techniqueを開発してから安全に好結果が出せるようになりました。 その流れで日本でも平成元年、日本美容外科学会地方会で「外来でできる脂肪吸引」としてライブサージェリーがあり、Dr.木村も出席しましたが、他の医師と「脂肪吸引が日帰り手術で出来るなんて信じられない。」と話しておりました。 その後日本でもこのTumescent Techniqueが一般的になり、今日の脂肪吸引の隆盛を見ています。

 
脂肪 吸引推薦情報
醫学ダイエット
脂肪 吸引人気情報
脂肪 吸引新着情報
脂肪 吸引
ホーム | 新規登録 | 会員登録 | 商品一覧 | ダイエット集客 | | 会社概要 / 代理募集 | お買い物方法 | 支払/送料 | 配送方法 | 苦瓜清脂 | 繊美姿清脂 | 終極痩 | Rss